桃太郎?浦島太郎?

「桃太郎 と 浦島太郎、自分の子どもをどちらのタイプに育てたいですか?」

この質問をされたときのことを、よーく覚えています。

「(略称)子ども・若者の相談業務に携わる研修(内閣府)」に参加した時の、ある大学の先生からの質問です。

「どちらかに手を上げてくださいね。」と言われ、

会場を見渡してみると、圧倒的に桃太郎に手が挙がっていました。

リーダーシップがあって、まとめる力があって、正義感、勇気、優しさを兼ね備え、結果を出した桃太郎。

そう、素晴らしいです。文句のつけようがない。分かります。そのとおりです。

絵本の桃太郎はいつも凛々しくてイケメンですしね。

流れに乗って、ノロノロと桃太郎に一票。

講義は「お利口さん・いい子・成績が上がる子育て法」なのか?!

気になりながら、先生の言葉の続きを待ちました。

やっぱり桃太郎は人気がありますね。

そうですよね、桃太郎みたいになっちゃダメよ、なんて言いませんものね。

じゃあ浦島太郎は?
この人、ただ海辺をブラブラしていたんですよ。
ってことは、この人ヒマ人ですね(笑)
きっと母ちゃんに、
「あんた、魚でもとってきな!」とか言われて、しぶしぶ出かけたんでしょうね。

いじめられているカメを見捨てず、助けるところはすごく優しいし、いいところありますね~。

でも、誘われたからって、カメに乗って知らないところ(竜宮城)に行きますかぁ、とても危なっかしい。

さらにですよ、飲めや歌えやのパーティーが続くことを、後先考えず楽しめるって子どもみたいだなーって思いません?

そして、最後の一幕。
それ「開けるな」って言われたヤツだよね、あ~ぁ…。

って言うのが、皆さんご存知の浦島太郎です(笑)

まだ話しは続きます。

学校の成績でいうと間違いなく桃は優秀、浦はできない生徒です。
でもこれからは、浦島太郎のような力がないと生き残れない時代になります。

・誰もやっていないことに挑戦する
・未知の世界に飛び込む
・「失敗じゃない経験だ」と思える
実際、浦島太郎タイプの人材が欲しくて、
「桃太郎・浦島太郎、あなたは自分自身をどちらのタイプだと思いますか?」
という質問が企業の採用試験に使われたこともあります。

ほらきた!

先生、同意します。共感します。大好きです!

心理学的には、

桃太郎…理性派(規律、ルール、目標達成 理で行動するタイプ)

浦島太郎…情緒派(未知のことに飛び込む、無邪気、固定概念無視 情で行動するタイプ)

という面があるそうです。

どちらが良いとか、悪いとかの判定ではなく、

通信簿とか、成績表とか評価表の枠を超えちゃうほど

いいところを持っている子がたくさんいるから、

桃太郎だけじゃなく、

浦島太郎もサイコーにいいよ~~ってことです。

この講義を受けたころから、子どもの多様性や一人一人の特性、いいとこ探しがグ~ンと広がってきたのは嬉しいことです。

今日のアトリエには、桃、浦、金、寸、かぐ、…勢ぞろいですよ!

2021年02月04つの子図鑑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ひとつでもあてはまれば、無料体験 をオススメします!

  • 絵を描くことや工作が好き
  • いいところを伸ばしてあげたい
  • 自分で考えて行動してほしい
  • 自信をつけさせたい
  • 家ではできない遊びをさせてあげたい
  • 学校以外の居場所を見つけたい
  • トライ&エラーを体験してほしい
無料体験について