この本いい!「勇気の育て方」

おうち時間、おうち遊び、黙食、人との距離、非接触…

子どもの欲求や、子どもの動きとは真逆に進む世の流れ。

子育て中のママは、毎日「なんだそりゃ」って思っていることでしょう。

早い終息を願うばかりです…

そんなときに、見つけた勇気が出る本のご紹介です。

タイトルもそのとおり「勇気の育て方」

同意1:「こんな子になってほしい」は親がさせたいこと

明るくて、優しくて、誰にでも親切で、いつもニコニコして、よく話しを聞いて、
諦めないで、勉強もスポーツも習い事も何でも一生懸命で…

「こうなってほしい」と願う親の気持ち、とても良く分かります。

親って欲張りですね。

願いと現実にイライラしないように、胸に手を当てて「誰の子だっけ?」と確認してみるといいですよ(笑)

「こうなってほしい」は、子どもがしたいことではなく、親がさせたいことです。

子どもと親は別の人間なのです。

「勇気の育て方」より

子どもだから、まだ小さいからと思いがちですが、「どうしたい?」と本人の意思を聞いてみましょう。

同意2:試行錯誤が心を育てる

早くて、正確で、効率的で、簡単で、無駄がなく、理にかなっていることは素晴らしいと思います。

デジタル上では、間違えずにスピーディに物事が進んでくことが何より良いことでしょうが、

最近、子どもの遊び方もそうなっていませんか?

簡単かどうか、分かりやすいかどうか、汚れない、散らからない、

成功か失敗か、〇か✕か、白か黒か…二つに一つ

「すぐに答えが見つからないことっていっぱいあるんだ」って体験をしてほしいんです。

答えが見つからないこのもやもやした時間は、心が育つとても大事な時間です。

試行錯誤することは、自分に真正面から向かうこと

試行錯誤することによって、自分の考えていることに気づき、自分が本当はどうしたいのかを探し始めるのです。

「勇気の育て方」より

大人の待つ勇気必要ですね。

同意3:君はどうしたいのか?

つの子のアトリエの呪文(?!)は、

やってもいいし、やらなくてもいい
マネしていいし、マネしなくてもいい
できてもいいし、できなくてもいい
ねぇ、キミはどうしたい?

というものです。

きれいな作品を仕上げる時間ではなく、自分のやりたいことにどんどんチャレンジしよう!という思いです。

遠回りしてもいいじゃない、またやり直してもいいじゃない、同じことを何回も繰り返したっていいじゃない  という思いです。

「自分は本当はどうしたい?」という問いかけを繰り返し体験してきた子どもの変化は、本人の様子からなんとなく伝わってきます。

一つだけ、どの子どもにもいえることがあるとしたら、「その子どもらしくいる」ことでしょうか。

どんな場所にいても、誰と一緒にいても、多少の気遣いはあったとしても、「自分と一緒にいる」ことができる、つまり「自分軸でいられる」のは、とても大切なことです。

「勇気の育て方」より

人にやさしくしてあげて…はそのとおりですが、そのためにはまず「自分」に優しくできること。

子どもはみんな「勇気」を持っています。

この本では、

恥ずかしがり屋であいさつができない小学校3年生の女の子が

どうやって一歩を踏み出すのか…が丁寧に書かれています。

うちの子人見知りで~、恥ずかしがり屋で~ と思っている方、

ぜひ読んでみてください。

私もこの本で勇気をもらいました。

つの子のアトリエは、今まで通り

「何も習わない習い事」として子どもたちの経験の貯金を増やす活動をしていきますね!

アトリエの様子はInstagramに載せていますので、ご覧ください。

毎週90分、たっぷりアトリエ時間を過ごしたいときは「木曜定期コース」・「日曜定期コース」がオススメです。
アートワークショップは、アート遊びを気軽に楽しめます。

やってもいいし、やらなくてもいい
マネしていいし、マネしなくてもいい
できてもいいし、できなくてもいい
ねぇ、キミはどうしたい?

岩手・北上で開催中「つの子のアトリエ」です。

詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ひとつでもあてはまれば、無料体験 をオススメします!

  • 絵を描くことや工作が好き
  • いいところを伸ばしてあげたい
  • 自分で考えて行動してほしい
  • 自信をつけさせたい
  • 家ではできない遊びをさせてあげたい
  • 学校以外の居場所を見つけたい
  • トライ&エラーを体験してほしい
無料体験について